これからショップ店員として働くことを目指して転職活動を始める!という方にとって、具体的に手取り金額がどのぐらいなのか?は気になるポイントですよね。

この記事では、ショップ店員の平均的な給料手取り額や、手取り金額を上げるためにやるべきことについて解説させていただきます。

一般的には「お給料の安い仕事」と考えられがちなショップ店員ですが、中にはカリスマ店員として高給取りになっている人もたくさんいます。

同じ働くならちょっとでもお給料は多いほうが良いですよね!

これから転職活動を始めるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

ショップ店員の平均手取りは13万円~17万円

ショップ店員 給料 手取り

ショップ店員の基本給は最終学歴や就職先企業・地域により多少異なりますが、平均的な基本給は17万円~24万円に設定されております。

最終学歴別に見ていくと、高卒者の基本給をベースに専門・短大卒者であれば+1~2万円、大卒者であれば+2~5万円程度基本給が高くなるイメージです。

地域別に見ると、最低賃金の高い都心部や関西エリアには別途「地域手当」が支給さるため、地方と比べると給料額が高くなる傾向にあります。

次に「インセンティブ」についてですが、近年では売上に対するインセンティブではなく、売上達成率に対し100%以上達成で◯万円支給といった形を取る企業が増えております。

この基本給とインセンティブを併せた総支給額(17万円~24万円)から各種社会保険や税金・社販代金が差し引かれるため、手取りは13万円~17万円となります。

Sponsored Links

なぜショップ店員の手取りは低いのか

ショップ店員の手取りが低い理由は大きく分けて2つあります。

まず1つ目は商品1つが店頭に並ぶまでに莫大な人件費がかかっていることが、その理由に挙げられます。

商品が1つ売れたところで、その利益は数千円程度。デザイナーやパタンナーを始め、商品開発に携わった全ての人の人件費を支払った上で利益も確保しようと思うと、ショップ店員の給料も下がってしまうのです。

次に2つ目ですが、ショップ店員は特別な資格や経験・学歴が無くてもできる職種です。残念な話ですが「誰にでもできる仕事」であるが故に給料を上げる「理由」がありません。そのため、給料が低くなる傾向にあります。

Sponsored Links

お給料から引かれる「社販」について

これこそまさに手取りが低くなってしまう最大の要因である「社販」についてお話をさせていただきます。

ごく稀に制服が支給される企業もありますが、ほとんどの場合が社販での買取になります。社販の割引率は大体50%程度。

しかし月に大体2回程度洋服を着替えるため、社販だけで2万円?4万円出費することになります。

例えば、雑誌とのタイアップ商品など売れ筋商品を着用していた場合、1日で完売してしまうことも…。完売した商品は店頭での着用ができないため、またすぐに社販で新しい洋服を購入することになります。

結果出費が増えて、その分手取りが下がります。

他にも自分を美しく見せるために月1回の美容室やネイル・コスメの購入に月2万円程度かかり、月に1?2足洋服にあった歩きやすい靴の購入も必要になります。

ショップ店員とは即ち「動くマネキン」です

自店の洋服をより美しく魅せることはもちろんですが「この人みたいになりたい!」「この人のセンスに任せたら安心だ」と常に人から憧れを抱かれる存在で居続けなければならないため、自分磨きへの投資は必須となるでしょう。

但しシフト制で働くショップ店員は他のスタッフと上がり時間が被りにくいため、飲み会等は比較的少なく、交際費はほとんどかかりませんよ。

Sponsored Links

ショップ店員が手取り給料を上げるには?

手取りを上げるために日々できることはただ1つ。目先の給料に捉われず日々の売上を上げることです。

地道な努力かもしれませんが、売上が良いショップ店員は必ず査定で給料が上がります。理由は簡単で会社の経営に貢献しているからです。

また、売上は賞与に反映される企業がほとんどなので、すぐに給料が上がらなくとも年収は上がります。

努力次第では役職者への道も開けますので、そうすれば役職手当などで給料の大幅UPが見込めます。

あとこちらは本人次第ですが、あまり売れないであろう服を見極めると社販を利用する回数が減るので、その分手取りは上がりますよ。

Sponsored Links

まとめ

様々な要因があり手取りが低いショップ店員ですが、地道にコツコツと売上を上げていれば、賞与が上がるので年収自体は然程低くはありません。

今後昇格とともに、給料を上げていけるかはあなたの日頃の仕事振りにかかっています。とは言え、自分だけ売れたら良い!という考えではなく、みんなで売上を上げていくんだ。

という気持ちで仕事に取り組めばお店全体の雰囲気が良くなり、自ずと結果はついてくるでしょう。


Sponsored Links