経理を辞めたい人へ

新卒 経理 辞めたい

  • 新卒採用された会社で経理に配属されたけど、仕事がつまらなすぎてもう辞めたい…。
  • 営業とは違って間接部門なので仕事の成果が見えにくいのが不満…。
  • 経理から転職するならどんな職種が選択肢?
  • 第二新卒として就活するってどう?

経理という仕事は、どうしても「性格的な向き不向き」がある仕事です。

特別な能力が必要というわけではありませんが、

1円単位でミスが許されないことや、

常に期限(締め切り)に追われながら働くことに苦痛を感じるタイプの方は辛く感じるかもしれませんね。

この記事では、新卒入社した会社で経理として働いているけれど、毎日辛くて辞めたい…と感じている方向けに、転職活動成功のコツを解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

新卒入社した大卒組の32.8%は「3年以内に退職」している

新卒 経理 辞めたい

(新卒入社した大卒の約3割は、3年以内に退職しているのが現実です)

 

まずは客観的なデータから確認しておきましょう。

大卒入社した新社会人は、全体の32.8%が3年以内に退職していくというデータがあります。

↓※厚生労働省が発表している統計なので、これは確実なデータです。

~新規学卒就職者の就職後3年以内の離職率は新規高卒就職者39.5%、新規大卒就職者32.8%~


厚生労働省:新規学卒就職者の離職状況について

 

↑つまり、3人に1人は新卒入社した会社を3年以内に辞めているわけです。

新卒で入社した会社を辞めるのって、かなり勇気がいると思いますが、

決断としては決してめずらしいことではないということですね。

仕事には誰しも向き不向きがあります。

学生時代に考えていた仕事のイメージなんて、実際にやってみないことには自分に向いているかどうかなんてまず分からないものです。

たとえ新卒で大手企業に入社できたとしても、仕事にミスマッチを感じて辞めていく人は少なくないんです。

安易に退職を選ぶのではなく、きちんと対策を講じておくことが大切

もちろん、何も考えずにいきなり安易に仕事を辞めるのは良くないですよ。

転職するなら次の転職先から内定が出てから今の会社に退職意思を伝えるべきですし、

同じような失敗をしないように、職種や業界選びには注意しておくべきポイントがあります(後で解説します)

ただし、何度も言いますが仕事には向き不向きというものが確実にあります。

経理という職業が明らかに自分に不向きだと感じているなら、早めに決断することはまちがいではありません。

未経験で別の職種に転職する場合、年齢的に若いタイミングで転職した方が良い条件で転職できるケースが多いのも事実ですからね。

(企業は未経験者を採用する場合、年齢的に若い人を優先的に採用する傾向があります)

企業側が「不安に感じていること」を先回りして理解しておこう

新卒入社した会社を辞めて転職活動するなら、

転職先の企業の採用担当者が、あなたのことをどのように見ているのか(あなたという人材を採用するにあたって、どのような点に不安を感じているのか)を理解して対策を講じておくことが大切です。

↓新卒で入社した会社を辞める人に対して、転職先の企業が不安に感じることとして以下のようなことが挙げられます。

  • この人(あなたのこと)は、不満なことがあるとすぐにやめてしまう人なのではないか?
  • 配属先が自分の思っていたところと違ったら、また同じように不満を言い出すのではないか?
  • せっかく条件の良い新卒入社を蹴るなんて、計画性がない人なのではないか?

↑新卒入社した会社を辞めて転職を成功させるには、

こうした企業側の不安を払拭(ふっしょく)してあげることが必要です。

具体的には、今の会社を辞めたい理由(退職理由)として、きちんとしたものを準備しておくのが大切になります。

今の仕事への不満=本来やりたい仕事を見つけるヒント

この記事を読んで意いただいている方なら、

経理という現在の仕事内容に強い不満を持っているのだと思います。

今の仕事内容に強い不満を持っているということは、

本来はこういうふうに働きたい」というイメージが先にあって、経理という仕事をしている現状がそれにそぐわない状態であることが考えられますね。

こうした点をヒントに「自分が仕事というものに対して求めているもの」を具体的に考えてみてください(これが志望動機になります)

退職理由を具体的に掘り下げて考えてみる

例えば、あなたは営業職など「自分の仕事の成果が見えやすい仕事」を欲しているのかもしれません。

あるいは、マーケティングや商品開発など、お客さんの現場の声をじかに聞くような仕事をしたいと考えているのかもしれませんね。

これらは経理という仕事ではなかなか体験することができない仕事内容です。

こういったことを深く掘り下げて考えていくことで、「なぜ、今の会社の経理という仕事を辞めたいのか(退職理由)」が説得力のあるものに育っていくはずです。

転職先の人事採用担当者が聞きたいのはまさにこうした「あなたが仕事というものに求めている、本当のニーズ」なのです。

新卒入社後3年以内の年齢なら「第二新卒」として就活できる

新卒入社して3年以内の人(年齢で言えば25歳〜26歳前後の人)であれば、

第二新卒とて就活することを検討しましょう。

第二新卒として就活する場合、簡単に言えば「学生時代の就活のやり直し」が可能になります。

第二新卒の良いところは、大手企業の未経験者採用枠を狙うことができる点です。

学生時代の就活よりもライバルが圧倒的に少なくなりますから、学生時代には手が届かなかった上場大手企業であっても、第二新卒としてであれば入社を狙えますよ。

第二新卒専門の転職エージェントを活用しよう(無料で使える)

第二新卒として就活する場合には、第二新卒専門の転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェントはあなたのキャリアプランを一緒に考えてくれるほか、

あなたの初年度の年収を企業側と交渉したり、あなたの代わりに自己PRをしてくれたりしますよ。

転職エージェントを使う人と、使わずに自力で就活する人とでは、採用可能性がまったく違ってきます。

なお、転職エージェントは企業側が支払う求人広告料で運営されていますので、私たち求職者は完全無料で使うことができます。

1円でもお金を請求されるようなことはありませんよ。

-経理を辞めたい人へ

© 2021 経理経験者の転職活動ナビ