アパレルショップ店員の仕事に興味はあるものの、厳しいノルマがあるのでは?接客の経験がない私に、ノルマを達成できるでしょうか?といった相談を受けることがよくあります。

アパレル企業は、商品を販売することで利益を得る事業なので、もちろん売上を伸ばすことは非常に大切です。

では、アパレルショップの正社員は厳しいノルマを課されているのでしょうか?

ノルマのない正社員は存在するのでしょうか?

以下でくわしく説明していきます。

Sponsored Links

多くのアパレルショップ正社員にノルマはないが、売上目標はある

アパレル ノルマなし 正社員

ノルマという言葉に対して、マイナスなイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

ノルマは、必ず達成するべき数字であり、万が一達成できない場合はペナルティーが課されることもあります。

また、上司から叱責されるようなイメージもありますよね。

そうしたノルマを設けているアパレルショップは、ほとんどないと言ってよいでしょう。

その代わり、アパレルショップの正社員には売上目標が必ず設定されます。

売上の前年比や前月比、個人スキルなどに、成長の期待値が加わった数字を、売上目標として設定します。

Sponsored Links

ノルマと売上目標は、似て非なるもの

ノルマと違って、売上目標を達成できなかったとしても、ペナルティを課せられることはありません。

しかし、そうはいってもアパレル企業の正社員の一番大切な仕事は、売上を伸ばすことです。

そのため、ほとんどのアパレル企業では、売上目標を達成した場合に、昇給や手当をつけてくれます。

あるアパレルショップの正社員の固定給は23万円ですが、売上目標の達成率に応じて1?5万円の手当がつきますので、手取りが20?24万円ほどになります。

また、月の売上目標とは別に、定期的に社内コンテストを設けている企業も多いです。

ある外資系ブランドショップの場合、「シューズ販売強化コンテスト」の期間内に、全店舗で最もシューズの売上が高いスタッフには、5万円の手当をつけています。

コンテスト一位のスタッフが、その月の売上目標も達成したとすると、さらに1?5万円の手当がつきますので、その月の手取りは25?29万円ほどになります。

Sponsored Links

売上目標は、頑張れば達成できるような数値を設定される

売上目標額の設定方法は上述した通り、売上の前年比や前月比、個人スキルなどに、期待される成長の期待値が加わった数字です。

わかりやすく言うと、簡単には達成できないけれども、頑張って背伸びをしたら届く数字を、売上目標として設定しています。

売上増加という目的だけでなく、社員が成長するために売上目標を設けていますので、頑張れば達成できる、少し上の数字を設定するのです。

特に正社員に対しては会社の期待値が大きいので、アルバイトや契約社員に比べて目標達成時の手当が大きいと言う企業もあります。

Sponsored Links

目標達成できなかったらどうなる?

ペナルティがないとはいえ、目標達成できなかったら、お店で居心地が悪いのではないか?という質問もよく聞きます。

達成できないことが原因でクビになるようなことはありませんし、上司や同僚から白い目で見られることもありません。

しかし、数ヶ月続けて達成できない場合、なぜ達成できなかったのか自己分析し、上司に改善策レポートを提出したり、接客スキルアップの研修を受講する必要があります。

それらは全て会社側が差し伸べてくれる救済策なので、前向きな姿勢で取り組んで、次こそ目標を達成するんだ、という気持ちを強く持ち続けましょう。

Sponsored Links

まとめ

近年、各業種で働き方の是正が進められていますが、アパレル企業も年々労働環境が良くなっているという声を多く聞きます。

事実、アパレルショップの正社員がノルマを課されることはほとんどなくなりました。

データに基づいて設定された売上目標を目指す、という健全な働き方がメジャーです。

不安であれば面接の際に、売上目標を達成しているスタッフの特徴など、前向きな姿勢で質問してみましょう。

その会社の売上目標の設定の仕方など、聞くことができる場合もあります。


Sponsored Links