経理経験者の転職活動

経理が転職しやすい理由4つ。「つぶしがきく職種」って本当?

  • 経理は転職しやすいって本当?
  • つぶしがきく職種って実際はどういう意味?
  • 経理が転職しやすい理由は?

経理は「転職しやすい職種」とか「つぶしがきく」とか

いわれることが多いですよね。

これって本当ですか?

本当としたら理由はなんですか?

そうですね。

私は実際に経理として3社の転職を経験していますが、

転職活動で苦労した経験というのがあまりありません。

(私は特別優秀な人間ではないですし、

学歴も職歴もごくフツーです)

管理人

この記事では、経理が転職しやすい職種と言われる理由について解説します。

経理は実力で評価される傾向が強い職種ですので、年齢高め・転職回数が多めの人でも生き残っていくことが可能ですよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

経理が転職しやすい職種である理由4つ

結論から先にいうと、経理が転職しやすい職種なのは、

↓以下の4つの理由があるからです。

それぞれの理由について順番に見ていきましょう。

(上の青文字クリックでお好きなところにジャンプも可能です)

1.自分のスキルレベルに合わせて求人を選べる

経理の求人というのは「どこまでのスキルが求められるか?」がはっきりしているのが特徴です。

↓おおまかに分けると、下記のようなポジション(入社後の役割)にわけて採用が行われます。

  • 未経験スタッフ
  • 経験者スタッフ
  • 管理職候補スタッフ
  • 管理職(課長級)
  • 役員待遇

経理はどの会社でも基本的に同じ仕事をやっていますから、現時点の自分のスキルでどこに応募できるか?が判断しやすいんですよね。

(採用後に求められるスキルが推測しやすい)

他の職種ではなかなかこうはいきません。

例えば営業職では、扱う商材や雇用条件が詳しく提示されていても、経理のように「採用ポジション」が明示されているケースはめずらしいですね。

経理は自分のスキルレベルに合わせて転職先が選べるので、ミスマッチが少なく転職しやすいのです。

2.経験者なら採用時の年齢があまり関係ない

経理は年齢よりも実務スキルが重視されるので、採用時の年齢は評価にあまり関係ありません。

年齢が40代と高めでも、経理スタッフのマネジメント能力や決算まで業務を完結させられる経験があれば、即戦採用される可能性が高いです。

年齢が低い20代であっても、実務経験者であれば重要な仕事を任されることもあり得ます。

「一人経理として経理業務をすべて任されていた」「月次決算までなら自力で締められる」など、知識や経験が認められるケースは評価が高くなるでしょう。

逆にいうと、経理の経験者転職では学歴や簿記資格を持っていることはそんなに重要視されません。

もちろん、簿記の知識は大切ですよ。あるにこしたことはありません。

ですが、あくまでも採用判断の基準になるのは実務知識です。

簿記資格を持っていなくても経理の仕事がめちゃくちゃできる人はたくさんいますからね。

3.すべての企業で必要とされる職種なのでつぶしがきく

経理は業種によって多少の違いはあっても、どんな会社でも基本的な仕事内容が同じです。

他業種からの転職が受け入れられやすい点も転職しやすいポイントですね。

ただし、ベンチャー企業・中小企業・大手企業といった分類では求められるものが違います。

ベンチャー企業

成長段階の企業なので管理部門が整備されていないことが多いのがベンチャー企業です。

一般企業では法務や人事が担当する業務までカバーすることもあり、幅広い業務に対応する力が求められます。

経理部門を一から構築していく即戦力とスピード感が楽しめるアグレッシブさが必要ですね。

中小企業

中小企業は大企業に比べて経理の人員が少なく経営者と直接やりとりする機会が多い点が特徴です。

経営資料を作成して経営者に報告することも大切な業務の一つです。

通常の経理業務に加え、経営分析能力と経営者に対するコミュニケーションスキルが求められますね。

大手企業

大手企業では経理職の人数が多く単独の部署として独立しています。

有価証券など外部報告書類の作成、連結決算といった、より専門的な高度な知識が必要、海外取引が多いので英語力が必要なケースもある、といった特徴があります。

基本的に4半期決算ごとに繁忙期となるため仕事量も多くなりますね。

チームプレイのためのコミュニケーションスキル、専門知識を深める意欲、繁忙期を乗り切る力が求められます。

4.中途採用に寛容

経理は転職でキャリアアップしていくのが普通の職種です。

転職回数を気にする方は多いですが、経理に限っては転職回数=マイナスポイントとは限りません。

転職をすることで新しいスキルが身に付けば自分の市場価値が上がります。

基本的には欠員補充の即戦力採用になるので、中途採用が多い職種ですね。

-経理経験者の転職活動

© 2021 経理経験者の転職活動ナビ