経理の年収について

経理の年収は低い?平均年収の現実と高年収になるためのポイント

  • 経理の年収は低い?
  • 平均年収はいくら?
  • 高年収を稼げる経理は何が違う?

経理は営業マンなどとは違って「売上を作る仕事」ではありません。

個人の成績がボーナスやお給料に反映されることは基本的にないですから、年収が低くなってしまうケースが多いのが現実ですね。

ただ、経理職でも高い年収を稼いでいる人がいるのも事実です。

そして、その差は「ちょっとしたコツ」を知っているかどうかで決まってしまうことも多いのです。

この記事では、経理職として高年収を目指す人向けに、お給料の上がる経理の働き方を解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

経理の平均年収は20代で388万円・30代で511万円

まずは現状認識からいきましょう。

転職支援会社パーソル(doda)の調査によると、

↓経理の年代別の平均年収は以下のようになっています。

  • 経理(20代):年収379万円
  • 経理(30代):年収510万円
  • 経理(40代):年収594万円

↑これはあくまでも平均です。

なので、もっと稼いでいる人もいるでしょう。

逆に言うと、この平均額に達していない人は「経理の中でも年収が低い方」であるという認識が必要です。

経理で年収が低い人の特徴と対策

平均年収と比較して、低いお給料しか稼げていない…と感じた方は、

↓次のようなポイントを理解しておいてください。

  • 経理は「採用の入口をまちがえないこと」が超重要
  • 経理として「市場価値の高いスキル」を身につけられる環境で働こう
  • 経理が年収を上げるための具体的なステップを知る

それぞれのポイントについてくわしく解説していきます。

1.経理は「採用の入口をまちがえないこと」が超重要

経理で年収がアップする一つのきっかけは管理職になることです。

専門知識+マネジメント能力が評価されて、管理職ではない経理に比べて100万円以上年収が変わります。

注意点としては、経理という職種は採用の入口がきびしく分けられていることです。

つまり、採用時点で「この人は将来的に管理職にする」「この人はこの先もずっとスタッフ」というように判断がされてしまっているということですね。

もちろん、管理職候補として採用されても、入社後の評価によっては管理職になれない人もいます。

しかし、そもそも採用時に「スタッフとしての採用枠」に入ってしまうと、

そこから入社後の努力で管理職を目指すのはきわめて難しくなってしまうことを理解しておきましょう。

経理として高年収を狙いたい人は、ぜひ管理職候補としての採用を目指しましょう。

管理職を目指すなら、ベンチャーや中小企業の経理が狙い目

将来的に管理職を狙うのであれば、狙いやすいベンチャーや中小企業がお勧めです。

大企業は雇用されている人材が多いため管理職を狙うライバルも多いというのが、大企業で管理職が狙いにくい一つの理由です。

このほかにも、定年が延長することでなかなか管理職ポストが空かない、業務の効率化により管理職ポストが減ってきているといった理由もあります。

また、管理職になるには「管理職候補」として入社している必要があります。

企業が将来的に管理職を見据えて採用していない会社では、管理職になれる可能性はありません。

入口を間違えるといつまでたってもスタッフで管理職にはなれず、年収も上がらないので気を付けましょう。

2.経理として「市場価値の高いスキル」を身につけられる環境で働こう

経理は一種の専門職ですので、身につけている実務スキルによっても年収が大きく変わります。

そして、経理として経験できる業務は所属先の企業規模や業界によって決まってきます。

入る会社をまちがえてしまうと、そこで5年・10年…と実務経験を積んでも、

人材市場でたいして評価されず年収がいつまで経っても上がらない…というループにハマってしまう可能性があります。

注意点としては、年収に反映されるのは「どういう実務経験を持っているか」の一点のみであることです。

「経理でスキルを身につける」というと、資格の勉強に突っ走ってしまう人が多いのですが、これはあまり意味がないです。

例えば、日商簿記1級はかなりの難関資格ですが「1級持っていても低年収…」という人はごまんといます。

(簿記1級って大学生とかでも持っている人たくさんいますからね)

簿記1級をとるために2年勉強に費やすぐらいなら、

市場価値の高い実務スキルを積むことができる職場で2年間猛烈に働く方が年収は確実に上がります。

経理で「市場価値の高いスキル」の具体例

問題は「市場価値の高い経理スキルとは何か?」ですが、

↓具体的には以下のようなスキルを持っている経理は転職市場で高く評価される傾向があります。

  1. 上場企業での経理経験(上場子会社含む)
  2. 監査法人・税理士法人、税務申告業務の経験
  3. M&Aの経験、会計系ファームでのコンサルティング
  4. 国際企業での経理経験
  5. 応募先の会社と同じ業界での経理経験
  6. 財務(資金繰りや融資対策)の経験

↑あなたが現在働いている会社では、こうした経理の実務経験を積むことが可能でしょうか?

もし難しい場合には、所属先の企業を移ること(=転職)も検討する必要があります。

どんな会社でも一生懸命働くことはとても大切ですが、

年収という面で考える場合には「どこで働くか?」も決定的に重要な要因となることも理解しておいてください。

3.経理が年収を上げるための具体的なステップを知る

現在の勤め先が「未経験で入社した会社」であるならば、転職を検討しましょう。

未経験で入社した会社からは、あなたは過小評価されている可能性が高いからです。

(つまり、将来にわたって難易度の高い業務を任される可能性が低い)

未経験求人の業務内容を何年続けていてもスキルアップは見込めず、あなたの市場価値は低いままです。

すでに経理としての実務経験が2年以上あるなら、実務経験者としての転職が可能になります。

この場合には最初から「管理職候補」や「市場価値の高いスキルを学べる職場」への採用枠に応募することも可能です。

実務経験者は転職先をまちがえないことが大切

今の職場から転職するなら、応募する求人を絶対に間違えないように注意しましょう。

せっかく転職するのに、今の職場と同じレベルの経験しか積めない職場に移ってもあまり意味がありません。

(今の職場の人間関係に苦痛を感じている…とかならありかもしれませんんが)

実務経験者として転職するなら、

管理職候補の求人か、高付加価値スキルを身に着けることができる企業の求人を狙うようにしましょう。

-経理の年収について

© 2022 経理経験者の転職活動ナビ