経理経験者の転職活動

経理 経験者 求人

  • 経理の経験者向け求人はどこで見つかる?
  • 少しでも年収条件が良い求人に応募するには?
  • ブラックな経理求人を避ける方法を知っておきたい!

経理の経験者として転職活動する場合、

年収や福利厚生の条件が良い求人に応募することが可能です。

経理というのは一種の専門職ですから、

即戦力で働ける実務経験者は重宝されます。

管理人

ただし、経理経験者向け求人は「どこで探すか?」によって年収などの条件がかなり違うので注意しておきましょう。

どうせ転職するなら少しでも良い条件で転職成功したいですよね。

この記事では、経理の実務経験者の方向けに、求人を探す場所を5つ紹介しています。

具体的な転職活動の進め方についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

経理の「経験者むけ求人」が見つかる場所5つ

経理 経験者 求人

(経理経験者はどこで求人を探すべき?)

 

経理経験者がこれまでの実務経験を生かして転職する場合、どういうところで求人を探すべきでしょうか。

↓選択肢としては以下のようにいくつか考えられますね。

  1. 企業の公式採用ページから直接応募
  2. ハローワーク
  3. 一般的な転職サイト(エージェント)
  4. 経理職専門の転職サイト(エージェント)
  5. 知人友人の紹介

結論から先にいうと、この中では4.経理職専門の転職サイト(エージェント)で求人を探すのがおすすめです。

↓経理職専門の転職サイトとしては、例えば以下のようなところがあります。

経理の実務経験がすでにある人なら、

経理の求人だけを専門で扱っている転職サイトを使うようにしましょう。

こうした専門サイトは「特定の業種業界をターゲットにし、求人の質で勝負する」というかたちで運営されているサイトです。

私たち求職者の立場で言えば、年収が高くて仕事内容のレベルも高い求人に出会える可能性が高いと言うわけですね。

↓なお、経理職専門の転職エージェントは、以下のようなことを無料でやってくれますよ。

  1. あなたの代わりに企業側と年収交渉をしてくれます
    転職エージェントは、あなたの転職先での年収額について交渉してくれます。
    自分で自分のお給料について希望を伝えるのはむずかしいものですが、転職エージェントにあいだに入ってもらうことでうまくいくケースが多いです。
  2. 面接アポイントなど、めんどうな手続きを代わりにやってくれます
    学生の就活とは違い、社会人の転職活動は「すべて自分でやる」が基本です。
    自分で採用担当者とアポイントをとって、日程を調整して…ということをやっていかないといけません。
    在職中に働きながら転職活動する人などはこれがなかなか大変なわけですが、転職エージェントはこうした手続きをすべて代わりにやってくれます。
  3. 志望動機や職歴書の添削をやってくれます
    ほとんどの人にとって「今よりも良い雇用環境で働くために転職するんだから、志望動機なんか特にないよ…」というのが本音だと思います。
    それでも志望動機は作成する必要があるわけですが、転職エージェントはその手伝いをしてくれます。
  4. 面接対策をやってくれます
    ここだ!と思えるような応募先が見つかったら、転職エージェントと面接対策を行いましょう。
    転職エージェントは、企業側の採用担当者と「どういう人材を採用したいのか?」のうちあわせを事前に行っていますので、ポイントを押さえた対策を行うことが可能になります(いわば、出題内容を教えてもらってからテストを受けるようなものです)
  5. 最初から最後まで無料で使えます
    転職エージェントにお金を払っているのは採用活動を行う企業側なので、求職者(仕事を探している人)は最初から最後まで無料で使うことができます(お金を1円でも請求されることはありません)

経理専門の転職サイト以外の選択肢はあり?

上で紹介した「経理専門の転職サイト」以外の求人媒体は選択肢としてどうでしょうか。

大手企業であれば、公式サイトに人事採用ページなどがありますので、

そこから直接応募するのもありかもしれません(1.企業の公式採用ページから直接応募

ただ、全体の99%以上の企業は中小企業なので、そういうページを持っていないのが現実です。

(というか、世の中のほとんどの人が「応募前は名前も知らなかった企業」で働くことになるでしょうから、

企業の公式サイトから求人を情報を得るというやり方自体があまり現実的ではありません)

ハローワークで求人探すってどう?

2.ハローワークも選択肢としては考えられますが、

これらは「まだ志望職種が決まっていないので、広く選択肢を検討したい人」が使うべきものです。

業種業界を問わず、たくさんの求人を見ることができるのがメリットですが、求人の質が落ちるのが難点です。

経理職専門の転職サイトに比べると、年収などの条件が見劣りしてしまう点には注意してください。

↓ただし、この記事を読んでくださっている方の中には、以下のような属性の人もいらっしゃるでしょう。

  • 今の職場に不満を感じているけれど、転職するかどうかはまだ決めていない。
  • 経理の経験者ではあるけど、別の職種(異業種)への転職も選択肢として検討したい(経理以外の求人もみてみたい)

こういうニーズの方は、上で紹介した経理専門の転職サイト以外にも、

一般的な転職サイトの求人情報を見ておくのがおすすめです。

一般的な転職サイトというのは、リクナビNEXTやdoda(ドゥーダ)、マイナビなどの有名転職サイトですね。

(テレビCMをたくさんやっているような大手転職サイトが該当します)

一般向けの転職サイトを使うメリット・デメリット

これら一般向けの転職サイトを使うメリットは「種類を問わず、たくさんの求人を持っていること」です。

(その一方で、経理求人に限定して見ると、経理専門の転職サイトよりも質が落ちてしまうのがデメリットです)

一般向けの転職サイトでは、とにかくたくさんの求人を見ることができますから、

選択肢を広く検討したい方(まだ志望職種が明確に決まっていない人)が使うのに適しています。

↓どの転職サイトも無料で使うことができますから、以下のような「使い分け」をしていくのがおすすめです。

  • 経理専門の転職サイトで「経理の経験者求人」をメインで探す
  • 一般的な転職サイトで「経理以外の選択肢」を視野に入れておく

これなら自分の選択肢をせばめることなく、見落としなく求人をチェックすることができますよ。

転職サイトに自分の志望職種や希望年収を入力しておくと、

マッチする求人が出てきた時に自動通知してもらうことができます。

(企業側の人事担当者からスカウトメールが来ることもあります)

転職活動は情報収集が命なので、サイトへの無料登録は早めにやっておきましょう。

-経理経験者の転職活動

© 2021 経理経験者の転職活動ナビ