経理を辞めたい人へ

一人経理 辞めたい

  • 一人で経理をやっていていつも不安…。
  • 辞めたいと伝えるタイミングはいつが適切?
  • 次の転職先を探す転職活動はいつ始めるべき?

中小企業の経理として働いている人の中には、

「社内で経理スタッフが自分一人」という状況で働いている人も多いでしょう。

いわゆる一人経理というやつですね。

経理はぎりぎりの人員になっていることが多いので、

小さな会社では一人経理として働いている人はとても多いです。

管理人

一人経理として働く人の悩みとして多いのが、

「休みたいのに休めない」「仕事を辞めたいのに辞められない」ことだと思います。

経理がいきなりいなくなったら会社そのものが傾いてしまうこともありますから、

「辞めたいのにいろいろ理由をつけて退職を引きのばされて迷惑している」という人もいらっしゃるかもしれませんね。

ただ、会社はあなたが仕事を辞めた後のことまでは面倒を見てくれません。

一人経理といえども、最終的には自分のキャリアを最優先に考える勇気を持つことが必要ですよ。

この記事では、一人経理として働く人に多い退職理由について解説するとともに、円満退職を成功させるためのポイントを紹介します。

一人経理として働き続けることに限界を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

一人経理として働く人によくある仕事の不満(退職理由)

一人経理 辞めたい

(一人経理を辞めたい…よくある退職理由の例は?)

 

一人経理として働く人に多い仕事の不満退職につながる理由)にはどのようなものがあるでしょうか。

↓実際に一人経理として働く人の退職理由で多いのは、以下のようなものですね。

↑青文字クリックでジャンプできます。

それぞれの内容について、詳しく見ていきましょう。

1.いつも手探りで仕事をしていて不安だった

ある程度の組織で運営されている経理部では、チェック体制というものが構築されているものです。

(「誰かが作業する → それを誰かがチェックする」という体制)

その一方で、一人経理は業務全般においてチェックしてくれる人がいないので、

常に「間違えていたらどうしよう」という不安が付きまとって気が休まることがありません。

中には、入社してすぐの頃からずっとこんな感じで働いている…という人もおられるのではないでしょうか。

入社してすぐに前任者(この人も一人経理)が退職してしまい、

最低限の引継ぎ書やマニュアルだけを渡され、あとは手探り…ということも多いですよね。

(過去のデータや資料を見て調べたり、税務署や顧問税理士に問い合わせたりしているうちに一日が終わってしまうということも)

一人経理の一番の相談相手は国税庁のホームページ…なんてことも。

性格的にまじめな人ほど、完璧を求めすぎてつぶれてしまうことも少なくありません。

2.自分だけ仕事を休めないのが不満だった

社内の営業マンや総務事務は好きな時期に有給をとっているのに、

経理だけが自由に休みをとれない…というケースも少なくありません。

経理という職種は法律で業務内容が決まっていますし、取引先に対してお金を払うなどの重要な業務をやっていますから、

プライベートを優先するわけにはいかない状況になることも多いのです。

(休みの日に会社から連絡が入って、結局休めていない…なんてことも)

↓例えば、あなたは以下のような連絡が休みの日にもくる…なんて状況にあったことがないでしょうか。

  • 「取引先から急な問い合わせがあったから対応して!」
  • 「今日の入金状況を確認して欲しい!」
  • 「何か税務署から書類が届いてるんだけど…」

↑これらの連絡が来るのは十中八九、社長が今すぐ解決したい時です。

こんな時に同僚の経理スタッフがいればフォローしてもらえるかもしれませんが、一人経理はそうはいきません。

「会社のお金の管理」という重要な仕事を一人のスタッフだけがやっている…という状況が本来は異常なんですよね。

3.孤独でつらかった

プライベートで落ち込んだ時や、難しい仕事の案件で行きづまった時、

ちょっとしたおしゃべりで気晴らしができたり、まわりの人の優しさに触れたことで気持ちを切り替えられた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

どんなに好きな仕事でも、メンタルが落ちている時に自力で回復するのはつらいものですよね。

この点、一人経理はなかなかハードで孤独な環境です。

一番辛いのが、会社の経営が苦しいことを、社内の誰にも(社長以外)いえない状況ですね。

守秘義務の重さが他とは違う職種なだけに、抱えるものも大きくなります。

この重責をになうのは、本来は経営者の立場のはずです(だから経営者は孤独)

いちサラリーマン・OLの立場でこうした孤独を負わされるのはつらいものがあります。

4.責任が重すぎてストレスが限界だった

経理は「会社のお金に関わる業務」ですから、「絶対に仕事で失敗できない」というストレスがつねにあります。

↓例えば、経理はこういうミスを絶対にできません。

  • 会計データの入力ミス(上司である経営者に対して)
  • 給与や精算金の計算誤り(社内の従業員に対して)
  • 支払金額の誤り(取引先に対して)
  • 発行した請求書の記載ミス(取引先に対して)
  • 納税や社会保険料の期限忘れ(役所に対して)

こうしたミスが生じてしまうと、相手に対してとても大きな迷惑をかけてしまいます。

例えば、給料の支払いミスなんかがあったら、従業員との信頼関係を決定的に損なってしまうこともあるでしょう。

(最悪、その人は「こんな不安な会社で働けるか!」と仕事を辞めてしまいます)

複数のスタッフで経理を担当しているならチェックもしあえますし、万が一ミスが生じたときにも一緒に謝ってくれたりしますが、一人経理だとそうはいきません。

ミスを防ぐために、自分で何度もセルフチェックをかけますが、

そうすることで時間がかかり、期限が迫ってきてさらにあせりが出る…という悪循環に陥るともう限界です。

5.社内の人間関係の輪に入れないのがつらかった

経理という部署にはいろんな情報が集まってきます。

従業員すべてのお給料の金額もわかってしまいますし、社長がどこのキャバクラで接待しているか…みたいな情報まで入ってきます。

他部署の人からすると、経理は「自分の何を知られているかわからなくて怖い」というイメージを持っているようなこともあるでしょう。

必然的に、社内の輪に入ることができず、他部署の人とは表面的な人間関係しか築けません。

(一人経理にとって、唯一、腹を割って話せる相手は社長ですが、経営者と従業員ではどうしても立場が根本的に違います)

こんな感じで、一人経理はずっと一人で仕事をしているので「一日中誰とも話をしない日」というのが普通にあります。

最近ではChatworkやLineWorksなどのコミュニケーションツールを使う事が多くなって、ますます「誰とも話さない」という仕事のしかたが増えていますね。

よくいえば業務効率化ですが、一人経理としては数少ない社内でのコミュニケーションの機会を奪われてしまった…という人も多いのではないでしょうか。

-経理を辞めたい人へ

© 2021 経理経験者の転職活動ナビ