今回は、「アパレルから異業種に転職をすること」を検討している方向けの記事です。

企業によりSPIや一般常識といった採用試験があることもありますが、履歴書や面接などで転職理由を聞かれることは間違いありません。

例えば「前職の人間関係に疲れた」や「お給料が低い」という理由が事実であったとしても、それをそのまま伝えるのは得策ではありません。

良い印象を持ってもらえる転職理由をよくある「辞めたい理由」を基にご紹介します。

Sponsored Links

転職理由にネガティヴワードはNG!成功の鍵は「ポジティブワード」

アパレルから転職 理由

転職活動の面接で転職理由を聞かれ、「本音で答えた方がいいの?」と悩んでいませんか。

面接では、必ず転職理由を聞かれ、その答えは少なからず合否に影響します。

事前に準備せず面接に臨み「正直答えたら嫌な顔をされた」「核心を突かれて、何も返せなくなった」といった失敗をした経験がある方も多いはず。

ここに重要になってくるのは、転職理由は必ず「ポジティブ」な理由を伝えることです。

例えば「人間関係が嫌」で辞めた場合、それをそのまま伝えてしまうと企業側は「ウチでもウマが合わない人がいたらすぐ辞めてしまうのでは?」と懸念されてしまう場合があります。

こちらを「周りと連携を取りながらチームワーク良く仕事を進めたい」「周りのとのコミュニケーションを大切にしたい」と言い換えると、一気にポジティブな印象に変わりますよね。

このように、不満を紐解いて、前向きな思いを面接の場では伝えましょう。

Sponsored Links

面接官が転職理由を聞く意図は?

「なぜ今更転職理由を聞くの?」このような疑問を抱いたことがある方も多いはず。

面接官が面接の場で転職理由を聞く理由は大きく分けて2つあります。

①入社後すぐに辞めてしまわないか?

採用や人材育成には莫大なコストがかかっています。

そのため、企業側としては採用した方にはできる限り長く勤めてほしいと思うもの。

転職理由はさまざまかと思いますが、あまりに身勝手な理由だと、自社でも気に食わないことがあれば、すぐに辞めてしまうのでは?と懸念されるのです。

②周囲や他人のせいにする「他責」思考が強くないか

採用担当者に最も嫌がられるのが、他責思考の強い方です。

どの企業にも自分とは合わない方針や人って必ずあるし、います。

転職理由が他責思考なもの、例えば「上司が気に食わない」「会社が評価してくれない」だと、嫌なことがあればすぐに辞めてしまう人だという印象を与えてしまいます。

上記2点から分かるように、転職理由では「すぐに辞めないか」を判断されていると考えて、間違いありません。

Sponsored Links

本音はダメ!NGな転職理由

よくある転職理由としては、次の5つがあるかと思います。

アパレル経験者に多い退職理由

  • 人間関係が上手くいかなかった
  • 給料や評価が自身の頑張りに見合っていない
  • ノルマが厳しい
  • 土日に休みが取れない
  • 立ち仕事がきつい

実際の理由がどうあれ、これを面接官にそのまま伝えるのはナンセンスです。

例えば「人間関係」であれば、あなた自身には本当に問題が無かったのか。

もしかするとあなたが地雷なのでは。と思われることも。

「土日に休みが取れない」や「立ち仕事がきつい」も、あなたにとっては真っ当な理由かもしれません。

しかし、企業側からすれば「初めから分かっていたことでは?」となってしまうのです。

ネガティヴな退職理由ほど、ありのままに伝えてしまうとあなた自身の印象を落としかねないので、伝え方には注意が必要だと言えるでしょう。

Sponsored Links

面接官の好印象を得る!転職理由勝ちパターン!

最後に、転職理由勝ちパターンの作り方を解説します。

ネガティブな本音を、いかにポジティブなかたちに変換して面接官に伝えることができるか?がポイントとなります。

【退職理由①】店長が自分勝手でついて行けない

この退職理由を掘り下げると、それは「自分の目標に合った働き方がしたい」と言う事でもありますよね。

↓なので、ポジティブな理由に転換すると次のように伝えることができます。

ポジティブなトークに変換する

  • 自身の意見やアイディアを発信できる、風通しの良い会社で働きたい
  • 上司や先輩と連携を図りながら仕事をしたい

Sponsored Links

【退職理由②】販売ノルマがキツくてしんどい

こちらを掘り下げると、「お客様とじっくりと向き合って、本当に良いものを薦めたい」と言うあなたの仕事へのスタンスをアピールできます。

ポジティブな理由に転換すると…

  • お客様と信頼関係を築ける仕事がしたい
  • 本当に必要商品を提供して心から喜んで頂ける仕事がしたい

まずは転職理由(本音)を書き出します。

その上で「それってもしかして…」と思いつく要因を書き出していくと、自分の深層心理、即ちポジティブな理由が見つかります。

少し言い回しを変えるだけで、ネガティヴな理由もぐっとポジティブな理由に変わるのがお分かりいただけたかと思います。

Sponsored Links

まとめ

面接で聞かれる転職理由は、嘘を回答するのはもちろんNGですが、直球すぎるのも考えものです。

大切なのはどんな転職理由もポジティブな理由に言い換えて、最終的に志望動機につなげることが大切といえるでしょう。

これさえ押さえておけば「面接で失敗した…」なんてことも、格段に減りますよ。


Sponsored Links