一般的に若いイメージを持たれがちなアパレル販売員ですが、実際のところ「何歳まで勤務できるのか」が気になりますよね。

基本的には定年まで勤務する権利があるのですが、30代・40代になって来ると体力的にも厳しく、辞めていく人がいるのもまた事実です。

この記事ではアパレル販売員として働ける年齢についてはもちろんのこと、長く続けたい方にどんな雰囲気のお店が良いかなどを解説します。

Sponsored Links

アパレル販売員に年齢は関係ない!

アパレル販売員 年齢

結論から申し上げますと、アパレル販売員に年齢は関係ありません。

30代・40代になってくると、体力的に厳しくなり、自ら退職の道を選ぶ方もいます。

しかし、その反面自分磨きを怠らず、年相応の美しさでアパレル販売員を続ける人もたくさんいます。

見た感じは30代前半くらいなのに、実は40代でした!という素敵な年の取り方をしている女性は同じ女性から見ても憧れます。

次に結婚・出産についてですが、これらを機に約半数の女性が退職をする印象があります。

その理由としては、土日に休みが無いことや遅番になると帰りが遅くなり、家事ができない。といったところにあるようです。

いずれにせよ、続ける辞めるかはあくまで本人次第であり、会社側から退職を勧告される例は見たことがありません。

Sponsored Links

大事なのは「見た目」がそのブランドに合っているのか

アパレル販売員を続けるにおいて、大切なのは年齢よりも、働くブランドのイメージにあなたの見た目が合っているかどうかです。

例えば20代後半のOLをターゲットにしたブランドであれば、若くて派手な方より、少し落ち着いていて品のある相談しやすい「お姉さん」のような雰囲気が好まれます。

逆に109系のギャルブランドで働くのであれば、10代20代前半の女性に憧れを抱かれるような見た目でなくてはなりません。

要は無理なく働くブランドに見た目を合わすことができるのであれば、特に年齢は気にしなくても良いでしょう。

Sponsored Links

結婚・出産してからアパレル販売員を目指す場合

次に結婚・出産してからアパレル販売員を目指す場合についてです。

結論から言うと、結婚・出産前にアパレル販売員の経験が無い場合は極めて難しいとお考えください。

理由は即戦力としての活躍がむずかしいということに加えて、お子様がいる場合、お子様の体調不良などで急にシフトを変更せざるを得ない可能性があるためです。

企業側としてはシフトに融通が利き、これから長く勤めてくれるであろう人を採用したいのが本音ですから、こればかりは仕方がないですね。

仮に採用された場合でも「早番限定」や「急な休み」は同僚から良い顔はされません。

結婚・出産してからアパレル販売員を始める場合はそれなりの覚悟を持って臨みましょう。

Sponsored Links

年齢に合ったブランドチェンジも視野に入れて!

ある程度年齢が上がってくると、年齢にあったブランドチェンジを視野に入れることも大切です。

例えば、入社した企業内に姉妹ブランドがあれば、転職せずに社内で移動願いを出す。

という方法があります。

移動ができれば1から仕事を探したり、面接を受けたりといった手間が省け時間的にも精神的にも負担が少なくなります。

しかし、残念ながら若いブランドしか取り扱いがない企業の場合、転職も視野に入れる必要があります。

その場合は年齢的にステップアップを考えたことや、培った能力を次のステップで活かしたいことをアピールすれば良いでしょう。

Sponsored Links

結婚・出産を機にブランドチェンジをする場合の選択肢

結婚・出産を機にブランドチェンジをする場合は「時短勤務」の募集をしているブランドに応募したり、子供服を取り扱うブランドにチェンジするのも1つの方法です。

特に子供服を取り扱うブランドだと自分にも子供がいれば、お客様の話に共感できる部分も増え「今の自分の強味」をより発揮できますよね。

将来性といった観点ではフルタイムで時間関係なく働ける場合は昇級のチャンスがあります。

しかし、時短勤務や働けない曜日がある場合、店長職や役職者を狙うのは難しいとお考えください。

理由は出張を伴う会議に参加できない可能性を懸念されたり、何かトラブルが発生した時に「来れない」「いない」じゃお店側が困るからです。

客層が幅広いラグジュアリーブランドであれば、年齢が上がるのばむしろ武器に!

同じアパレル販売員でも単価数万円のラグジュアリーブランドで働くなら、年齢が上がるのはむしろあなたの武器になります!

何年にも渡り培った落ち着きのある接客、豊かな知識は高額な買い物をするお客様に確かな信頼と安心感を与えます。

この様な観点からもご自身の年齢に合わせて、上手くブランドチェンジしながら長くこの業界で働くのも1つの方法であると言えるでしょう。

Sponsored Links

まとめ

一般的に若い内が華だと見られがちな「アパレル販売員」ですが、働いてみると活躍している年齢層は幅広く、驚きました。

実際に私が20代前半の頃お世話になっていた店長は40代でしたが、見た目も中身もいい意味で若く、気さくな人柄がお客様から絶大な人気を誇り、もちろん売上も店内一位と誰もが尊敬し、憧れる存在でした。

アパレル販売員に年齢は関係ありません。

全ては自分次第で生涯活躍することができます。

「時短勤務」や「ブランドチェンジ」を上手く活用しながら、あなたらしくアパレル販売員を続けていただけたらと思います。


Sponsored Links