アパレル販売員を目指している人の中には、「どこで仕事の求人を見つけるのが一番お給料が高いのか」や、「どの求人サイトから申し込むのが採用につながりやすいのか」が気になっているという方も多いでしょう。

また、どれだけお給料が良くても、いっしょに働く人たちの性格が最悪だったり、職場がブラックな環境(労働時間が異常に長いなど)だったら困りますよね。

この記事ではアパレル販売員の求人の探し方や、お店選びの際に気を付けたいポイントまで徹底的に解説していきます!

Sponsored Links

これで完璧!求人サイトと派遣会社の同時並行で求人を探そう

アパレル販売員 求人の見つけ方

オシャレが好きな方であれば、一度は憧れを持つ「アパレル販売員」

自分に合った環境で自分の好きな仕事ができれば、毎日がより楽しくなりますよね!

仕事探しの基本は自己分析と有益な情報を得ることにあります。

そのためにも求人サイトと派遣会社を同時並行で利用し、効率良く仕事探しをしましょう。

例えば、同時並行で仕事を探していると同じブランドでも時給が違う!といった場面に直面することがあるかと思います。

基本的に求人サイトで探す「直接雇用」と派遣会社と雇用契約を結び、店舗に配属される「派遣雇用」では派遣雇用の方がお給料が良い場合が多いです。

ここで考えたいのは「将来自分がどうなりたいのか」です。

将来的に店長やバイヤーを目指したい方であれば、お給料が低くても直接雇用の方が有利です。

それとは違い、一時的に働きたい方や何歳までと決めている方であれば派遣雇用の方が良いでしょう。

このように、様々な情報を比較し、より自分に合った求人を見付けるためにも求人サイトと派遣会社の併用をオススメします。

Sponsored Links

アパレル専門の求人サイトについて

数ある求人サイトの中でも特にオススメしたいのが「アパレル専門」の求人サイトです。

こちらはその名の通り、アパレルに特化した求人サイトであるため、大手求人サイトより情報量がとにかく豊富です!

そのため、大手求人サイトには掲載されていないような、コアなブランドの求人が掲載されてこともしばしば。

今回、私がオススメする求人サイトは「GIRLS WOMAN」です。

こちらのサイトは47都道府県全てを網羅している上、求人の掲載件数が圧倒的に多いのが特徴!サイト経由で履歴書や経歴書が送れたり、企業に質問ができるのも、オススメする理由の1つです。

アパレル専門の求人サイトで求職活動をする最大のメリットは企業との「直接雇用」を狙えるといったところにあります。

直接雇用であれば将来的にキャリアUP目指せるので、長期でじっくりと働きたい方にオススメです。

Sponsored Links

アパレル専門の派遣会社にも登録しよう

アパレル専門求人サイトでの仕事探しと並行してやっておきたいのが「派遣会社への登録」です。

登録方法は至ってシンプル!ネットor電話にて事前に問い合わせをし、派遣会社が実施する登録会に参加します。

登録会ではエントリーシートに自身の経歴を記入。顔写真の撮影をした後に派遣コーディネーターとの面談をします。

お給料や勤務地・勤務時間の希望は出せますが、希望が具体的であればあるほど、働けるショップの数が減ることは覚えておいて下さいね。

例えば「時給1400円以上であればブランドは問わない」と言う場合は時給1400円以上の案件さえあれば紹介してもらえます。

しかし、時給1300円と打ち出している案件に対して「ブランドはここで、時給1400円にして!」といった交渉は少し難しいとお考え下さい。

私の経験上、登録後に連絡が無いなどといったことは今まで一度もありませんでした。

しかし、あまりに条件が厳しすぎる場合、「こういう案件があるのですが、ここを譲っていただいて一度面接を受けてみませんか?」といったお願いをされることは、もちろんあります。

その場合、受ける・受けないは自由なので一度検討してみて下さいね。

派遣会社を利用する最大のメリットは派遣会社の営業さんが面接に同行・あなたをプッシュしてくれるといったところにあります。

面接まで進めば、もはやその後の合格率は80%以上と言っても過言ではありません!

Sponsored Links

あなたに合ったお店で働くためにしたいこと

働き出してから「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも以下のようなことはしっかりと入社前にやっておきましょう。

会社をリサーチする(ノルマの有無や社販の割引率など)

求人をたくさん見て知識を高める

このようなことが大切になってきます。

正直「好き」だけでは長く続きません。

求人を探す際には「お給料」「勤務地」「勤務時間」「ブランド」の中であなたが何を一番重要視するのかを今一度考えられた方が良いでしょう。

例えば、仕事よりも趣味が大切な人であればブランドより「お給料」や「勤務時間」が自分の希望通りになるのかが重要になってくるかと思います。

また、通勤電車が苦手な人であれば「勤務地」が重要になってきますよね。

このように、仕事を探す前に自分は何が譲れて、何が譲れないのかを明確にしておくことが、あなたに合ったお店で働く大きなポイントとなるでしょう。

Sponsored Links

まとめ

求人サイトと派遣会社の同時並行で求人を探すことで、求人自体は家に居ても探せるようになりました。

求人自体はたくさんあるので、地道に探していれば、必ずあなたに合った求人は見つかるでしょう。

ただし、気を付けたいことは求人サイトや派遣会社はもちろん働き手が欲しいわけですから、良いことしか教えてくれません。

入社後に「こんなはずではなかった!」とならないようにするためにも、求人情報を鵜呑みにせず、自身で企業のことを調べながら、求人を探すようにするとより良いでしょう。


Sponsored Links