アパレル販売員からの転職を考えている方は、これまで自分がお店で実績として挙げてきた成績が、転職先の企業でどのように評価されるか?はとても気になるポイントですよね。

実際、私がアパレル販売員を辞めて転職活動をしていたときには、転職面接では「前職のアパレル販売員のお仕事ではどういう実績がありますか?」ということは必ず質問されていました。

せっかく今の職場を辞めて新しい転職先に移るのですから、「これまでやってきたこと」の評価がゼロ…なんてことは避けたいですよね。

今回は、アパレル販売職を辞めて転職する方向けに、これまでの実績を上手にアピールする方法を具体的に解説させていただきます。

Sponsored Links

これまでの実績をいかすなら「ランクアップ転職」で!

アパレル 販売員 転職 実績

同じアパレル業界内で転職するのであれば、給与が上がる、バイヤーの業務をやらせてもらえる、扱う商品の難易度が高くなる、といった、自分のスキルアップや給与アップにつながる「ランクアップ転職」を心掛けましょう。

ランクアップ転職を成功させるためには、面接でこれまでのアパレル販売の実績を伝えるテクニックが必要です。

漫然と説明するのではなく、具体的な数値で実績を伝えていけば、必ずプラス要素として認識してもらえます。

アパレル業界での「ランクアップ転職」とは?

現在よりも、上のステージで働くことを指します。

具体的には下記などがあります。

Sponsored Links

①販売員から店長職へのランクアップ

肩書きや地位向上となり、給与アップにも繋がります。

また、経歴に箔が付き、今後の転職に有利になります。

②ブランド難易度のランクアップ

今働いているブランドよりも、高額商材を扱うブランド、難しい顧客層をターゲットにするブランドなどへ転職することで、自身のスキルアップや、経歴に繋がります。

③ランクアップ転職で、これまでの実績を上手にアピールする方法

まず、職務履歴書に、これまでの実績について明記します。

その際、必ず記載するのは「具体的な数値」です。

例えば、「2017年上半期の売上金額が、都内店舗スタッフ80名の中で第3位」や「2016年度の個人売上目標を125%達成」など、誰が見ても実績が一目でわかるよう、具体的な数字を挙げます。

この時、注意するのは、相対的な数値、すなわち他と比較して上回っていることがわかる数値を書くということです。

上記の例でいうと、「80名もいるスタッフの中で、3番目に売上が多い」、「目標数値を25%も上回っている」ということが一目でわかり、この人は売上に対する意識が高いんだな、ということを面接官に認識してもらえます。

また、職務履歴書に記載されている実績について、面接官は必ず質問をします。

大抵、「どうやって達成したのですか?」「どんな努力をしましたか?」という質問ですので、簡単には達成できず努力をして達成した、というエピソードを伝えましょう。

例えば、「実は、前年度は目標を80&しか達成できず悩んでいました。

売上の高いスタッフの接客を観察し、アドバイスを仰いで、お客様へのお礼のお手紙と新作のご案内を必ず行うようにしました。

また、接客の際には、必ずコーディネート販売を心がけ、複数点ご購入いただけるようなご案内をしていました。

その結果、今年度は売上目標を125%達成できました。」というような、努力が見える回答が望ましいです。

Sponsored Links

難易度の高いアパレル企業って具体的にどんな企業?

難易度が高いのは、高級商材を扱う老舗ブランドです。

一流の接客を受けている富裕層のお客様が多いため、うわべだけの丁寧さや、単なる商品説明では、お客様からの信頼を得られず、顧客を作ることができません。

また、気難しいお客様や、VIP待遇を望むお客様など、多種多様なお客様がいらっしゃるので、マニュアル通りの接客は通用しません。

こういった難易度の高いアパレル企業の面接では、やる気やガッツを前面に出すよりも、品のある落ち着いた印象を心掛けましょう。

その上で、上述したようなこれまでの実績や、幅広い年齢層の方とコミュニケーションできるスキルが伝わるような、具体的なエピソードを伝えることができれば、合格へ一歩近付くでしょう。

Sponsored Links

ランクアップ転職で、年収はどのぐらい上がる?

国内アパレルメーカーや外資系カジュアルブランドの販売員の平均年収は約240万円ですが、外資系ラグジュアリーブランドの平均は約330万円となっています。

アパレル販売経験者がランクアップ転職をした場合、大幅な年収アップが期待できます。

また、高級商材を扱うアパレルショップは、定年まで働く人もいるほど、長期に渡って働ける環境が整っています。

そうしたアパレル企業では、勤続年数に合わせて昇給したり、特別ボーナスが支給されたり、長期休暇が付与されるなど、充実した福利厚生を受けるケースがほとんどです。

そういった理由からも、転職先として、ランクアップできる企業を選ぶことをおすすめします。

Sponsored Links

まとめ

一つの企業で、常に向上心を持って働き続けることは、非常に素晴らしいことです。

また、自らのスキルアップのために他の企業に転職することも、同じく素晴らしいことです。

大切なのは常に成長していく気持ちと、自分のスキルを活かせる職場環境。

転職してスキルアップしたい、給与アップしたいという方は、ぜひこの記事を参考にして、実績をうまくアピールしてみてください。


Sponsored Links