「業界内では給料が低い…」という不満も多いアパレル店員のお仕事ですが、具体的にどの程度低いのか?は気になりますよね。

この記事ではアパレル店員として勤務する男性の給料を始め、年齢別の年収の推移などについて解説します。

Sponsored Links

男性アパレル店員の平均年収は480万円!

アパレル店員 給料 男

アパレル店員をする男性の平均年収は約480万円です(とある転職サイトの求人一覧から平均値をとりました)

もちろん、未経験入社の場合はもっと低い年収からスタートすることもあります。

逆に店長職やマネジャーの経験がある方が転職する場合にはもっと高い年収を最初から提示されることもあるでしょう。

(というか、お店の売上と連動するケースが多い)

役職に就いていない場合の平均年収は270万円~320万円が相場ですね。

こちらは20代OLの女性と変わらない年収となります。

ただし、アパレル業界といのはステップアップをしていける業界でもあります。

外資系アパレルなどでは上の金額の倍以上の年収をかせぐ人も珍しくありません。

将来的に、例えば「Louis vitton」や「CHANEL」などといった外資系企業での勤務を目指す場合や日系企業であっても本社勤務を目指す場合はアパレル販売員として下積み期間を経るのも良いかと思います。

Sponsored Links

アパレル店員の基本月給は17万円~21万円

未経験者として入社した場合に「実際どのぐらいのお給料を毎月受け取れるのか?」についても見ておきましょう(手取りの金額)

アパレル店員の基本給は17万円~21万円で、大卒者の場合別途1~3万円程度基本給が上乗せされている企業もあります。

ここに関東や関西など最低賃金が高いエリアには1~3万円程度の地域手当が加算されます。

能力給や役職手当は年に1度もしくは2度の査定によって見直され、会社への貢献度により年3000円~5000円程度昇級します。

各企業や各ブランドによる給料差はもちろんありますが、同じ企業内やブランド内での男女の給料差はほぼありません。

理由としては同じ一般職販売員の業務内容に特別な男女差が無いからです。

給料差を付けるためには、「売上」という形で結果を残すしかありません。

Sponsored Links

手取りの計算時には税金や社会保険料も注意!

基本給から更に手取りが下がる理由は、2つあります。

1つ目は各種社会保険や税金・住民税などいった公的な料金の徴収です。

所得にもよりますが、大体3~4万円を目安に差し引かれます。

2つ目は社員販売です。

店頭に立つために洋服を月々最低2着。

多い時で6着程度の購入が必要になります。

こちらもブランドでの単価や社販率にもよりますが、大体平均すると2万~3万程度かかります。

上記2点を合算すると、最低5万円~基本給から差し引かれるので手取りは12万円~16万円になります。

Sponsored Links

年収500万円以上を得るためには?

アパレル販売員の仕事で年収500万円以上を得るためには、外資系企業でのステップアップが必要不可欠です。

例えば、主張な外資系ブランドの年収(経験者が前提)をみると、以下のようになっています。

外資系主要ブランドの平均年収(店長経験ありの場合)

  • Louis vitton/年収630万円~680万円
  • CHANEL/年収550万円程度

どちらも店長職に就いた場合です。

もし、日系企業から外資系企業のラグジュアリーブランドに転職した場合、余程の実績が無い限りは契約社員からのスタートの場合が多く、すぐには正社員にはなれません。

長くアパレル販売員として活躍するならば、予め外資系企業に就職するか、ある程度実績を積んだら若い内に転職する方が良いと言えるでしょう。

Sponsored Links

まとめ

一般的にお給料が低いと言われているアパレル販売員の仕事ですが、働く企業や努力次第では年収500万円以上を目指すことも可能です。

しかし、全盛期となる40代を越えると給料が伸び悩むのもまた事実。

同世代の男性よりも給料が低くなる覚悟を持つ必要があります。

アパレル販売員として生涯を全うするのであれば、せめて店長以上になれるように若い内からの努力は必須です。


Sponsored Links