経理を辞めたい人へ

40代 経理 辞めたい

  • 今まで経理として働いてきたけど、この仕事はもう辞めたい…。
  • 年齢40代でも未経験職種に転職できる?
  • 年収はやっぱり下がる?下がらない人は何をしている?

長年やってきた仕事を辞めて、新しいチャレンジをするのって、男性女性を問わず勇気が入りますよね。

ただ、経理という職種は「つぶしのきく仕事」といわれる通り、別の職種でもこれまでの経験を活かすことが可能です。

ポイントを押さえて転職活動をやっていけば、

年齢40代の人でも

キャリアアップの転職に成功するケースは多いですよ。

管理人

この記事では、年齢40代で経理として働いている人向けに、経理としての実務経験を生かして別の職種へと転職する場合の注意点を解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

経理を辞めたい40代の方へ。転職活動成功のために知っておくべき注意点

40代 経理 辞めたい

(経理を辞めたい40代が知っておくべき注意点)

 

40代の経理経験者が転職を検討するなら、

↓以下のようなポイントを押さえて転職活動をするようにしましょう。

転職活動は年齢によってやり方が違います。

40代の方が20代〜30代の人と同じような転職活動をしてもまず失敗しますし、

逆に、50代以上の人と同じような転職活動をしてもうまくいきません。

40代という年齢は客観的に見て「働き盛り」の年齢です(事実はどうあれ、人事担当者はそういう目で見てきます)

どのような職種に転職するにしても、即戦力として働けることが期待されていることは理解しておいてください。

上のそれぞれの内容について、くわしく見ていきましょう。

1.必ず「これまでの経理経験を活かせる仕事」を選ぶ

経理の経験がある人が、これまでの経験を活かして働くなら、

↓以下のような職種への転職を選択肢に入れてみてください。

  • 財務(経営企画)
    経理が決算書を「作る仕事」であるのに対して、財務や経営企画は決算書を「使う仕事」です。財務の採用では事業会社での経理経験者を積極的に採用する傾向があります。
  • 人事・労務
    給与計算や社会保険の知識がある経理経験者は、人事や労務の仕事にも適性があります。
  • 法務
    経理が守る必要のある会計規則は一種の法律です。「法律で決まっているルールの範囲で、一番自社の利益になる選択肢は何か?」という思考は経理と法務で共通しています。
  • IR広報
    上場企業においては、投資家への財務情報開示は重要な役割となっています。決算書について深い実務知識を持つ経理担当者はIR広報としても活躍できる素地があります。

↑これらはバックオフィス業務といわれるものですが、

いずれも経理経験者がこれまでの経験を活かせる職種です。

経理は、企業の「お金」を扱う仕事ですので、企業内のあらゆる部署にかかわる業務を行っています。

(そもそも企業というのは営利組織なので、その活動のすべてが「お金にかかわること」だからです)

経理を辞めたい40代にもっともおすすめなのは財務・経営企画への転職

上で紹介した選択肢の中で、個人的にもっともおすすめなのは「財務・経営企画職への転職」です。

財務や経営企画の採用では、

↓経理経験者を採用候補としているケースがきわめて多いです。

40代 経理 辞めたい
40代 経理 辞めたい

(財務・経営企画職の採用では「経理経験者」が採用候補となるケースが多いです)

 

財務・経営企画の主な業務は、資金調達と経営計画の策定(そしてその実行支援)ですが、

これらは経理が作成した決算書や試算表をもとに行う業務です。

当然ながら、財務の仕事をやっていく上では、経理として経験してきたスキルや知識は役に立つのです。

また、経営企画は企業内のさまざまな部署の人たちを巻き込んで成果を出す支援をしますが、

年齢的に高めの人が求められるのが実際のところです。

(これは男性・女性を問わず共通ですね)

年齢40代で経理経験豊富なベテランは、経営企画の仕事をやっていくのに適していると言えます。

ぜひ経理を辞めた後の選択肢に入れてみてください。

>>経理経験者向けの求人で年収を見てみる

企業の「規模」にも着目してみる

また、転職先企業の「組織規模」にも注目してみましょう。

(大手企業?中小企業?ベンチャー企業?など)

例えば、中堅以上の企業で働いてきた40代の経理経験者が、

ベンチャー企業のバックオフィス業務で活躍するケースは非常に多いです。

ベンチャーやスタートアップ期の企業では、良くも悪くも組織が固まっていない状態にあります。

企業としてさらなる成長をするためには、多くの人が安心して働ける内部管理体制の構築が必須となりますが、

経理経験者はその支援のために最前線で活躍できる可能性が高いです。

2.企業側の採用ニーズを知っておく

企業側が採用にあたって特にみているのはあなたの年齢ではなく、自社とのマッチングです。

(不採用の原因は、年齢ではない可能性があります)

年齢的な給与やポストの問題もありますが、

公募企業が求めるスキルや経験を踏まえたアピールがうまく出来ていないことが考えられます。

年齢が高いという理由であきらめる前に、

企業が求めるスキルや経験を見きわめることに注力しましょう。

経験豊富な40代のベテランが欲しい!と考えている企業は必ずあります。

3.「御社だからこそ応募しました」というアピールが必要

求人を出している企業が求めるスキルや経験を踏まえた上で、

「御社だからこそ応募しました」という強い気持ちを見せることが必要です。

(御社が第一希望です、と伝えなくてはなりません。これは事実であるか否かによらず、当然のことです)

給料や職種ではなく、「自分がやりたい仕事ができるかで決める」というスタンスで転職活動している(少なくともそのように見せる)ことを企業に伝えることも大切です。

4.自己PRの仕方に注意する

過去の職歴や実績をアピール材料としつつも、それにとらわれない柔軟性を見せることが大切です。

採用側が年齢高めの人を採用するときに気にしているのが、

この人はうちの既存スタッフと人間関係的にうまくやっていけるのか?です。

どんなに能力的に優秀であったとしても、すでに出来上がっている車内の人間関係を乱すような人を採用することはできません。

特に、新規事業として異分野に乗り出すような企業では、

新規事業の立ち上げを担うベテラン層の採用が活発になっています。

これまでの経験を活かしながら、思ってもみなかった職種への転職を成功させるケースもありますよ。

-経理を辞めたい人へ

© 2021 経理経験者の転職活動ナビ