Pocket

アパレル会社Aから別のアパレル会社Bへと転職したいパタンナー経験者、未経験からパタンナー職へ転職したいという初心者さん…などなど、アパレル業界でパタンナーを目指す人の転職理由はさまざまですね。

転職理由によって転職方法もさまざまですから、ポイントをおさえて転職活動を進めていくことが大切です。

今回はパタンナーの方(あるいはパタンナーを未経験から目指す方)が知っておくべき転職方法について解説させていただきます。

現在のアパレル会社から別の会社にいく転職方法

現在の仕事はすっぱりと辞めて、転職活動に専念しよう!という方もひょっとしたら多いかもしれません。

ただし、基本的に仕事を辞めてから無職の状態で転職活動をするのはあまりおすすめしません。

たしかに、無職の状態だと時間がたくさんあるので、志望動機や応募先の情報収集ができますし、複数の企業に同時応募しても面接の日程が組みやすいというのはメリットです。

失業手当が受け取れる人も多いでしょう。

その反対に、転職活動が思うように運ばないと希望条件に妥協をせざるを得ない可能性があります。

収入がない時期が続くと、必然的にお給料が低い求人であってもがまんして応募せざるを得ない…というケースも多くなってきます。

また、失業が長引くとパタンナーとしての仕事への意欲が減退してしまうのにも注意しておかなくてはなりません。

失業中に希望する条件の会社が見つからないと不安がつのってきて、毎日作成していたパターンを忘れてしまうのでは…という余計な心配が生まれる可能性があります。

仕事を辞める前に転職活動を始めるメリットとデメリット

仕事を辞めずに転職活動をする場合には、ブランク(無職期間)がないので収入が途絶えない、譲歩することなく求人を好きなだけ探すことができるというメリットがあります。

無職の状態で仕事を探すとなると、どうしても収入面で多少の我慢をしないと行けないケースが多くなってしまうんですよね。

そのため、基本的には現在の職場を離れる前に次の転職先を確保しておくのがのぞましいといえるでしょう。

ただし、現職の業務に追われて転職活動ができない、面接などの日程調整に苦労する、急募の求人などに応募できないなど不利な事がデメリットになる可能性はあります。

特にパタンナーは展示会前などの残業に追われると、転職時期を逃してしまう可能性もあります。

現在の仕事に穴をあけることなく転職活動を進めていくなら、次で紹介する「転職支援サイト」の利用は必須になると思います(実際に私も転職サイトを活用してパタンナーとして転職し、年収をアップすることにも成功しました)

転職を支援するサイトを活用する

なかなか自分で求人を確認する時間が持てないようであれば、アパレルを中心とした転職支援サイトを活用する手があります。

1人につきキャリアコンサルタントが1人担当してくれ、自分の条件に合った求人が出た際にお知らせしてくれますので、効率的に自分にあった求人を見つけることができますよ。

その求人に対し興味が有るか無いかを回答すれば、その都度キャリアコンサルタントがその後のお世話もしてくれるためとても便利です。

キャリアコンサルタントさんはさまざまなアドバイスをしてくれる他、一緒に面接についてきてくれて年収の交渉を代わりにやってくれるなどの支援をしてくれますから、「転職するなら、お給料をアップしたい!」という気持ちが強い方はぜひ活用するようにしましょう。

>>私が実際に利用した転職サイト(無料)

未経験からパタンナーへの転職を目指す方法

アパレル専門の求人サイトを見ても、パタンナーの応募条件として「実務経験最低3年」などと条件が書かれているのが大半ですよね。

残念ながら「未経験可」と掛かれたパタンナー求人はほぼない…というのが現実です。

ただ、「パタンナーアシスタント」であれば未経験の転職は可能です。

いわゆるアルバイトなので、正社員として異業種で勤務していた場合は少し厳しい就労形態となるでしょう。

ただ、現在で活躍しているパタンナーは、ほぼ全ての人がアシスタントとしての下積み時代を過ごしてきています。

未経験からパタンナーに転職する方法を探している方は、この段階を乗り切らなければステップアップの道はみつけにくいというのが実際のところです。

>>パタンナーアシスタントの求人を探してみる

新卒からパタンナーを目指す方の場合

未経験者の応募が認められているパタンナー求人は、ほとんどすべて新卒者が対象となっています。

新卒者は、専門学校または短大、大学でファッションを学んできた人たちですね。

これからこの会社で1から成長してください。という意味で未経験者であっても採用してもらえます。

ただ、最近では新入社員を採用する企業が少なくなってきて、新卒者の就職が難しい事も現実です。

私の周りでも新卒のときにはパタンナーとしての就職活動には失敗したものの、1年間〜3年間ほど別の仕事をしてからパタンナーアシスタントとして再挑戦したという経歴の人は少なくありません。


Sponsored Links

30代から、40代からでも未経験で転職できる?

パタンナーアシスタントとしてであれば、未経験からでも可能だと書きました。

しかし、30代や40代からパタンナーへ転職したい!というのはかなり厳しいというのが現実です。

経験者であるパタンナーの転職でさえ、応募条件が3年以上の実務経験必須となっているのが普通です。

アシスタント時期を過ごした後、3年の実務経験をしてやっと認められる経験値である、と考えられるからです。

しかし、もしあなたがまだ20代なら、夢をあきらめなければいけないという事はありません。

ぜひあきらめず経験を積んでパタンナーへの夢をかなえてください。

>>ファッション業界の求人が見つかる転職サイトはこちら

Pocket