Pocket

「ショップ店員になりたいけれど学歴が高卒でも採用されるのかな…」

「まわりが大卒の人ばっかりで浮いてしまわないか不安…」

「お給料が大卒と高卒で差別されたりしたらいやな感じ…」

などなど、ショップ店員の仕事を目指すにあたって、不安を感じている方も多いかもしれませんね。

そんなあなたに朗報!です。

高卒でもショップ店員に正社員として採用されることは普通にありますし、何よりもショップ店員はお店の売上という結果が重要な仕事です。

きちんと成果を上げられる人なら大卒、高卒関係なくその企業で昇格やお給料アップをしていくことは可能ですよ。

この記事では高卒からショップ店員を目指す方のために、ショップ店員として活躍するために大切な考え方にについて紹介させていただきます。

学歴以上に重要視されること、あると有利なこれまでの経験などについても具体的に解説しますので、参考にしてみてくださいね。

学歴にコンプレックスを感じる必要なんてありません!この記事を読んで、あなたの夢を実現させましょう。

Sponsored Links

高卒からショップ店員になる道は2つ!

結論から先にいうと、高卒からショップ店員になる道は次の2つがあります。

 

高卒からショップ店員になる2つの方法

  • ①高校新卒枠で正社員として入社する
  • ②派遣かアルバイトで入社→正社員への昇給

 

①「高校新卒枠で正社員として入社(要学校推薦)」もしくは、②アルバイトから入社して正社員を目指す、の2つが、ショップ店員になるためのルートになります。

①の場合は、高校三年生の進路決定時に学級担任に高校卒業後はアパレル業界で働きたいことを伝え、高校新卒者に向けた求人を探してもらいます。

選べる企業数は限られますが、求人が来たら案内してもらえるので待ちましょう。

②の場合は自身で求職活動を行います。

一部例外の企業を除き、大半の企業が未経験者はアルバイトか、派遣社員としての採用になります。

ここからスタートし、地道に実績を積むことで将来的には正社員になることも可能ですよ(というか、地道に頑張っていればほぼ確実にそうなります)

「アルバイトや派遣→正社員」の期間の目安は1年~3年をみておくと良いでしょう。

心配であればこちらを利用して転職エージェント経由で「正社員への切り替えはどのタイミングで行われるか?」を事前に確認しておくとよいです。

>>ショップ店員を目指す方におすすめの転職サイト

高卒でも大丈夫な理由とは?

この業界では特別な知識や資格が必要ないため、就職するにあたり学歴は関係ありません。

しかし、高卒者と大卒者ではスタート時点での基本給が違い、その差は1万円~3万円程度が相場です。

もちろん、これは「スタート時点」での差ですから、結果(売上や勤務態度などによるお店の中での評価)が出せる人はどんどん昇給があります。

高卒でも大卒の人よりずっと高いお給料をもらう人はいくらでもいますし、高卒の店長という人もまったく珍しい存在ではありません。

中途採用 VS 新卒採用

次に、中途採用の人(社会人になった後に、転職活動をしてショップ店員になる人)と、新卒採用(学校を出てすぐにショップ店員になる人)との違いをみていきます。

なお、高卒でも高校新卒者として入社した場合は大卒新卒者と扱いは同じです。

中途採用は即戦力扱いが多い

基本的に中途採用の場合、即戦力として採用していることが多く、業務は働きながら覚えて!というスタンスで教育されます。

それに対し、新卒は企業が育てていくというイメージで動いており、新卒に向けた育成プログラムや研修が用意されていることが多いですね。

新卒者というのは社会人経験がありませんから、いきなり現場に出してしまうとすぐに退職してしまう、という風に考えている企業が多いですね。

中には「すぐにお店に出たいのに!」という新卒者の人もいると思いますが、研修期間中に座学で勉強することの中には、将来的に店長などとしてマネジメントをするときになって生きてくる知識もありますから、じっくりと取り組むようにしましょう。

異動はある?

中途採用の場合は各ブランドでの採用であることが大半ですから、あまり異動はありません。

それに対し、新卒は総合職として採用していることが多く、異動や転勤はめずらしいことではありません。

とはいえ、入社後のキャリア形成や昇格は本人の頑張り次第で変わるので、学歴はあまり関係ありません。

ショップ店員として入社したからには何よりもお店の売上、利益に貢献することがミッションになります。

それを続けていれば自然と副店長、店長といった昇給の道も見えてきますよ。


Sponsored Links

「学歴」よりも大切なこと

※以下、基本的な話になってしまいますが、とても大切なことですので最後までぜひ読んでみてくださいね。

この業界において、学歴よりも大切なことは「笑顔」と「あいさつ」です。

どれだけ学歴が良く、知識がある人であっても笑顔も愛想もない人から商品を買いたくはないですよね。

お客さんだって初めて入るお店で初対面の店員がいたら、当然少し緊張したり不安に感じたりします。

そこにあなたが親しみやすい笑顔であいさつをすることで、お客さんとの心の距離がぐっとちぢまるんです。

ショップ店員の仕事はお客さんが心地よく買い物ができる環境を作れて、初めて一人前です。

笑顔とあいさつ。簡単なことだけれど、これが何よりも大切だということを忘れないでくださいね。

採用面接ではどんなところがみられている?

そういった観点から面接時には、採用担当者は学歴よりも受け答えをする時の声のトーンや話し方を注意して見ています。

質問に対して黙り込んでしまうのもNGですが、話しすぎるのも実はNG。

あなたがお店で買い物をするときのことをイメージしてみてください。

こっちがまったく頼んでもいないのに話しかけてくるショップ店員ってちょっとうざいですよね?

それと同じです。

相手が知りたいことはどんなことかな?と考えて、相手の気持ちによりそったコミュニケーションをとれることが大切なんです。

面接官の目を見て話を聞き、時には相槌打ったり、共感をしながら自分の意思を笑顔で伝えるようにすると良い評価につながるでしょう。

接客業を経験しているとショップ店員としての就職に有利?

ショップ店員未経験であっても、何かしらの接客経験があれば就職が少し有利になるのは間違いありません。

その理由としては、接客経験者であれば、入社後も問題なくお客さんと接してくれるであろうと考えるためです。

将来(学校卒業後)、ショップ店員を目指す方であれば、学生時代にはアルバイトなどで接客業を選んでおくと夢に近づくことができるでしょう。


Sponsored Links

まとめ

ショップ店員として就職するのにあたり、学歴は関係ありません。

研修内容やスタート時点での月給を除けば、高卒だろうが大卒だろうが平等に扱ってくれるのがこの業界の最大の魅力かと思います。

実力次第で昇級やキャリアアップも可能です。

努力した分きちんと成果に結び付くので向上心のある方であれば、学歴関係なく店長も目指せますよ。

>>ファッション業界の求人が見つかる転職サイトはこちら

Pocket