【パタンナーの転職活動】キャリアアップを目指す方に役立つポイント集(2 / 3ページ目)

パタンナーは将来性のある仕事ですか?

パタンナーの転職活動

パタンナーは、「クライアントの求めているものがなんなのか?」をしっかりと理解して仕事をすることがとても大切です。 もしあなたがクライアントの求めているものを理解できるパタンナーになれば、これから先もずっと求められる将来性のあるパタンナーとして働き続けていけるでしょう。

あなたはデザイナー向き?パタンナー向き?それぞれに求められる適正や性格

パタンナーの転職活動

自分はデザイナーとパタンナーのどちらを目指すべきか?で悩んでいるファッション業界志望者の方や、現在はパタンナーとしてがんばっているけれど、将来的にはデザイナーを目指しているという方も多いと思います。 今回は、デザイナーとパタンナーで異なる適正や性格の向き不向きなどについて解説させていただきます。

パタンナーからの転職先は?キャリアアップを目指すならやはりデザイナー?

パタンナーの転職活動

デザイナーとのイメージの相違から、トラブルが起こってパターンを何度も作り直すはめに…。 パタンナーとしてはストレスがたまる瞬間ですよね。 今回は、パタンナーとして経験と実績を積んだ人が、選択肢に入れることができる転職先について解説させていただきます(20代後半〜30代前半でパタンナー5年目〜の方むけの記事になります)

20代後半のパタンナーに求められる仕事のスタンスは?

パタンナーの転職活動

専門学校を卒業し、社会人1年生からパタンナーとしての仕事を始めてちょうど数年が経つ頃。 20代後半は仕事も慣れて、プライベートも楽しくなる頃ではないでしょうか。 今回は20代後半で仕事も乗ってきたタイミングのパタンナーの方向けに、今後はこういうことを目指して仕事をしていくとよいかも!ということを書かせていただきますね。

パタンナー入社1年目の仕事は?新人時代の過ごし方で将来に差がつくかも!

パタンナーの転職活動

パタンナーとして働き始めたばかりという方の中には「1年目の仕事ってどんなことをするんだろう?」と不安に感じている方も多いかもしれません。 ここではパタンナーとして6年(海外勤務含む)ほど仕事をしていた私の経験から、パタンナー1年目の方におすすめのスキルアップ方法について説明させていただきます。

日本と海外のパタンナーのお給料の違い

パタンナーの転職活動

日本と海外では、お給料の金額や計算の仕方が大きく違います(というか、働いている人たちのお給料というものについての考え方が違う感じです) 私は一応、日本と海外の両方でパタンナーとして働いた経験がありますので、今回は海外のパタンナーと日本のパタンナーについてお給料の面で比較してみます。

海外の学校を卒業してパタンナーになるには?おすすめの学校をご紹介

パタンナーの転職活動

近年、海外留学を経験する学生の方は増えてきていますね。 私が海外でパターンの勉強をした頃は「チャレンジャーだね…」なんて珍しがられたものですが、最近では海外留学も格安でできるようになっています。 ここでは海外の学校でパターンの勉強をしたいと考えている方向けに、日本との違いなどをご紹介したいと思います。

ページの先頭へ